dog

最近、人で注目されている腸内細菌。 感染症センターでは犬の腸内細菌と病気の関係の解明に挑戦していきます。

 eel

ニホンウナギを絶滅に追いやるかもしれない新しいウイルスを発見し、 自然界での感染状況を調査しています。

 cattle

「わからないを残さない」
感染症センターのウシの感染症に対する考え方です。
牛に感染するウイルスや細菌を徹底的に検出できるシステムを開発しています。

exotic animal

トカゲ、カエル、ハリネズミなどのエキゾチックアニマルに感染するウイルスなどの病原体を研究しています。
感染症センターは生態系に影響する感染症の蔓延を許しません。

goat

日本では2万頭弱しか飼育されていませんが、全世界では10億頭も飼育されています。
感染症センターはヤギの感染症検出系で世界の畜産に貢献するための研究をおこなっています。

pig

ブタの重要な感染症の検査システムを構築し、養豚界に貢献しています。 新しいウイルスも発見しています。

Blog

ウイルス安全性シンポジウムで、名古屋大学の本道先生にSATREPSでのコウモリ媒介性ウイルス感染症についての特別講演を行っていただきました。ケーナイラボの山口社長に共同研究で実施中の犬猫への人工赤血球についての講演を行っていただきました。

...

グローバルイノベーション研究院シンポジウムに於いて、ライフサイエンス分野の水谷研究チームとして研究報告を行いました。スライドは細菌の上を歩くバクテリオファージがどこから来てどこへ行くのか、つまりウイルス進化に例えた図です。

...

鴨川シーワールドの依田先生が研究の打ち合わせにいらっしゃいました。

...

大松と水谷は2016年度に書いた論文数が評価され学長賞を受賞しました。さらに大松は若手優秀賞も受賞しました。在学の学生さん、卒業した学生さん、スタッフの皆さん、共同研究の先生方を代表していただいた賞です。ありがとうございました。今後ともよろしくお願い申し上げます。

...

研究業績ページ更新しました。

...

大場研究員のファーシールサーコウイルスに関する研究がJVMSにアクセプトされました。1本鎖DNAウイルスを次世代シーケンサーで検出する方法の紹介も含んでいます。

...

学部6年生の粉川さんが進めてきたヤギのレンチウイルス感染症に関する論文がArchive of Virologyにacceptされました。

...

石井先生の送別会を行いました。しかしながら石井先生との共同研究は続きます。仲井先生グループのご参加ありがとうございました。

...

岩手大学の山崎先生がセンターを訪れてくれました。先生を慕う学生さんたちと。農工大の研究室に所属しています。

...

東海大学の小野先生に来ていただき、大場研究員がニホンウナギの細胞の飼い方をご指導いただきました。超難しい細胞で、感染症センターが世界で唯一所有しています。

...