組織・体制

本センターは、(1)重要家畜伝染病研究部門、(2)伝染病疫学解明研究部門、(3)家畜感染症経済分析学研究部門、および(4)企画調整部門の4部門で構成されおり、各部門の事業内容は以下のとおりとなっています。
部門名事業内容
1. 重要家畜伝染病研究部門重要家畜伝染病の防除法および予防法を中心とした研究と最新診断予防技術の伝達・普及。
2. 伝染病疫学解明研究部門感染力が強く、国境を越えて広がる伝染病を流行地の家畜の流通ルートや人の動きなどを研究し、感染ルートの解明。
3. 家畜感染症経済分析学研究部門重要家畜伝染病が発生する農業経営形態の研究や、発生時の経済的被害予測および経済支援方策の立案など、伝染病発生による経済被害を明らかにする研究。
4. 企画調整部門海外研究機関・大学との連携企画調整および海外留学生の受け入れに係る企画調整。
 

連携機関について

FAMS 岩手大学農学部所属動物医学食品安全教育研究センター:共同獣医学科を両センターでサポートします。