dog

最近、人で注目されている腸内細菌。 感染症センターでは犬の腸内細菌と病気の関係の解明に挑戦していきます。

 eel

ニホンウナギを絶滅に追いやるかもしれない新しいウイルスを発見し、 自然界での感染状況を調査しています。

 cattle

「わからないを残さない」
感染症センターのウシの感染症に対する考え方です。
牛に感染するウイルスや細菌を徹底的に検出できるシステムを開発しています。

exotic animal

トカゲ、カエル、ハリネズミなどのエキゾチックアニマルに感染するウイルスなどの病原体を研究しています。
感染症センターは生態系に影響する感染症の蔓延を許しません。

goat

日本では2万頭弱しか飼育されていませんが、全世界では10億頭も飼育されています。
感染症センターはヤギの感染症検出系で世界の畜産に貢献するための研究をおこなっています。

pig

ブタの重要な感染症の検査システムを構築し、養豚界に貢献しています。 新しいウイルスも発見しています。

Blog

坂口研究員が中国で猫のウイルスに関する発表を終え、帰国しました。

 
...

GW中のことですが、久留米大学の石井先生が来校され、コウモリのゲノム解析についての打ち合わせを行いました。この日、実験していた増井真那君と名刺交換の写真です。

...

昨日、鳥取県庁で元家畜保健衛生所研究員の増田先生が、豚の感染症に関する打ち合わせに来られました。

...

農工大のテニスコートの横にある切り株に、粘菌発見!

...

小石川高校と東京農工大学の研究教育協定に基づき、増井真那さんと変形菌の共同研究を開始しました。

...

インドネシアのボゴール大学にてSATREPS事業のセミナーと研究打ち合わせをおこないました。

...

宮崎大学から岡林先生と山崎先生が訪問され将来構想を練りました。本日は、鶏専門医の川原先生と実験、ソフィアの斎藤社長とお打ち合わせをしました。

...

ウイルス安全性シンポジウムで、名古屋大学の本道先生にSATREPSでのコウモリ媒介性ウイルス感染症についての特別講演を行っていただきました。ケーナイラボの山口社長に共同研究で実施中の犬猫への人工赤血球についての講演を行っていただきました。

...

グローバルイノベーション研究院シンポジウムに於いて、ライフサイエンス分野の水谷研究チームとして研究報告を行いました。スライドは細菌の上を歩くバクテリオファージがどこから来てどこへ行くのか、つまりウイルス進化に例えた図です。

...